とりなべ。~爆走♪男装!!?日々妄想w~

更新率粗悪注意(つA`)゜。   3次なったw(`・ω・´)フンフン   苺は96になりました♪100まで頑張るぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

テスト一週間前ですが…。第2章:友達編

注)内容は1週間前ではなく、


6月27日、つまり


2週間前の話ですーw


あらすじ:数学でちょっとイライラしてきたとり。


というかこの話で必要なイラストかけてません><







とりあえず、友達のところ(左端)に


生物の先生がいてはったので、


その先生がどこかへきえてから友達のところへいくとり。


やっぱり他のひとに邪魔はされたくないのです。




「こんちゃw」


手招きしてくれる友達。


ふぁぁ。なんだかすごく嬉しい。



絵とかを描くことにw


(やっぱ上手いなぁ・・・憧れる・・・。)



二人といると心があたたかくなる。


とりのモヤモヤがきえてゆく。



友達って・・・・いいなぁ。



ぐだぐだしていたら、生物の先生がやってくる。



あぁぁぁぁあぁxああこなくていいよ!?



二人が生物の先生に質問をし始める。



どうやら途中だった模様です。



取り残されるとりw俺はどうしたらいいさw



「○○さんも一緒にする?」



今更どうしろと・・・。一緒に聞くのが自然な流れだろうか?



「しょうがないから・・・する」



どうしようもないツンデレですいません。



一番右の席からいすを持ってくるとり。



今まで自分の使っていたのがいいという


どうでもいいこだわり。B型。


「イスもってきたの?ww」


「自分のイスがいい」



「君には自分の席があるのかw」



ないってしってるよ。分かってて言ったんだよ、と心の中でつぶやく。







質問をする二人、質問に答える先生、黙って話を聞くとり。



気づけば6:30・・・。他の先生に帰れとせかされる。


結局あの先生には会えずじまい。


忙しいんだよ、きっと。うん。


言い聞かせるとり。


解散する4人・・・。



この後、とりに嬉しいことが待っているとは、しらずに。








ふぁー。長かった。


あと二つほどのこってますな。


テス勉もしなくちゃいけないけどまぁ、うん。



次はリア友様、閲覧控えてくださいね。
スポンサーサイト

テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

たぶんリア | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<テスト一週間前ですが・・・第三章:淡い恋編* | HOME | すっごいの発見したwwwwwwwwww>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。